ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アフターと広報のひろみさん
  4. たまには映画の話をしよう。vol.2 銀河鉄道の夜

たまには映画の話をしよう。vol.2 銀河鉄道の夜

こんにちは。
火・金担当の倉田ひろみです。

今日はアニメ版 「銀河鉄道の夜」を紹介します。

銀河鉄道の夜

宮沢賢治の童話作品
1985年制作の劇場用アニメ映画。
同年7月13日公開。
毎日映画コンクール・大藤信郎賞受賞作。

監督:杉井ギサブロー
原案:ますむらひろし
脚本:別役実
音楽:細野晴臣
アニメーション制作:グループ・タック
配給:日本ヘラルド映画

公開当時からファンでした。
ジョバンニのアルバイトは「活字ひろい」
皆さんは活版印刷ってご存じですか?
1985年当時は、まだ活字を使っていました。
私も活字を拾いましたよ!

淡々と流れていく画面と音楽…
登場人物が「ねこ」なのもあいまって、
見ていると、なんだか
不思議空間に迷い込んだような気分になります。


********************************************

2・3日前 家に帰ると
テレビのBS映画で放送していて
なつかしくて懐かしくて しばし無心で見入りました。

まゆこさんと1980年代に思いをはせて話し込み、
エンドロールを見ていると…

《シャフト》の文字を発見!!
制作に携わっていたのですね…
新発見で、さらに好きになりました。

そして監督 日本のアニメ界の重鎮!
杉井ギサブロー氏でありました。
音楽は細野晴臣氏。
「ゆれる音楽」みごと表現しています。

共感覚の持ち主であったとされる宮沢賢治の
摩訶不思議感をぜひ体感してください。

それでは また♬

きょうのるるさん******************************************

るるさんも夜になると不思議な力が宿るんだって?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加