ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅コンサルタントの福田さん
  4. コールドドラフトを防いでアパートの寒い窓をやっつけろ!!
寒い窓とコールドドラフト

コールドドラフトを防いでアパートの寒い窓をやっつけろ!!

こんにちは、住宅コンサルタントの福田です。
今日はアパート、古い家の寒さ対策ということで、窓のお話です。
特にコールドドラフトという言葉を知っておくと便利なので、そんなお話です。

私も2021年には新居を建てるのですが、今は寒い寒いアパート暮らし。
エコ住宅の新築が出来れば、暖かい半袖で暮らせる日々が待っていると思うと、来年の冬が待ち遠しいです。

アパートが寒い理由はいくつかあるのですが、
・単純に築が古いので
・賃貸アパートの場合、投資の回収コストを考えるため、建物の性能のことなどはあまり考えられていないため
という二つがあります。

でも、そんなアパートでも窓を工夫すればぐっと暖かくなるんです。

大きい窓とコールドドラフト

寒さの原理 大きな窓とコールドドラフト

こちらは、松本支店の窓。

こういう背の高い窓は、暖かい空気が冷たい窓に当たることで、冷やされて下に動きます。
部屋の中で空気が対流して、どんどん暖かい空気が冷やされるという悪循環が発生します。
びゅーびゅーと足元に冷たい風が吹きつける状態です。
天然の足元専用クーラー状態です。
これをコールドドラフトなどと呼びます。

足元が冷えると、人間、寒く感じます。
大きな窓のコールドドラフト恐るべし、です。

特に商業施設などの大きい窓ではこの現象は顕著ですが、
一般住宅でも、やはり背の高い窓はつらいです。


窓にスタイロフォームでコールドドラフトの寒さ対策!

ぷちぷちを張るなどの対策もありますが、寒がり+赤ちゃんもいる我が家は、建築資材のスタイロフォームという断熱材を窓際に置いています。
適当な大きさにカッターで切って、窓の前に立てかけるだけです。
見た目は悪いですが、効果は絶大です。
プチプチと違って、本物の建築用資材ですからね。

ポイントは窓の下半分を隠すことです。
全部隠すと家の中が暗いですからね。
下半分を隠してあげれば、コールドドラフトはかなり軽減されます。


暖かいアパートの選び方のコツ

余談ですが、アパートを選ぶときには、上下、お隣が部屋になっている物件を選ぶと暖かいです。
とにかく外に接している面積が少ない部屋が吉です。
角部屋は窓がたくさん付いていて寒いんです。

かくいう我が家は角部屋。
引っ越し当時、そこしか空いていなかったんですね。
無駄な出窓なんかが非常に寒いです。


二重窓、ペアガラスの窓リフォームで寒さ対策

アパートだと難しいですが、築年数の古いおうちの場合、
二重窓リフォームしたり、窓を今の性能の良い窓に交換することで、窓際の寒さはかなり改善されます。
窓の対策は、費用対効果が大きいのでオススメです。
エルハウスで建てていないおうちでも、リフォームできますので、お気軽にお問合せ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加