ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.28|DaiGo著「自分を操る 超集中」|限りあるウィルパワーを無駄なく使う|集中力は誰でも身につけられるスキル

Vol.28|DaiGo著「自分を操る 超集中」|限りあるウィルパワーを無駄なく使う|集中力は誰でも身につけられるスキル

 

限りあるウィルパワーを無駄なく使う
~集中力は誰でも身につけられるスキル~

著:DaiGo 「自分を操る 超集中」より

Check point
●集中力の源「ウィルパワー」は使うほど減る!
●効率的に使う方法=「増やす」か「節約する」
●ウィルパワーを理解して集中力を味方につける

私たちは進化の過程で前頭葉を大きくし、
他の動物にはない力を獲得しました。
それが思考や感情をコントロールする力であり、
集中力の源である「ウィルパワー」です。

この「ウィルパワー」は、
集中するたびに消費されていきます。
しかも、「企画書を仕上げること」と
「間食のチョコレートを我慢すること」も
使われるウィルパワーの出どころは同じなのです。

また、人によって総量が決まっていますので、
無駄に使うと必要な時に集中できなくなってしまいます。
つまり、集中力を高めるためにはトレーニングにより
「ウィルパワー」の総量を増やすこと、
そして日々の行動や習慣を変えることで
消費量を節約していくことが必要です。

「ウィルパワー」を強化する方法の一つとして、
姿勢に気を付けることが挙げられます。
立っているときも、座っているときも、
姿勢に気を付けて生活するだけでも効果があります。

実は、日頃、無意識に行っている行為を
「やらないようにすること」は
強い集中力を必要とします。

猫背に気付いたら背筋を伸ばし、
足を組んで座っていたらすぐに座り直す。
文字にすると簡単に見えますが、
試してみると想像以上に集中力が
必要なことが分かります。

次に、「集中力を使う作業を習慣化し、
ウィルパワーを節約していく」方法
について少し触れます。

「なにかをやる」、「なにかをやらない」、
「何かを望む」という選択や決断をする際には、
どんな小さなことでも「ウィルパワー」を消費するのです。

これを回避するのが、「習慣化」による
「ウィルパワー」の節約です。
どうしようかその度に悩むのではなく、
ルールを決めておくことで「ウィルパワー」を
消費せずに済むのです。

例えば、スティーブ・ジョブズは
公の場にでるとき、いつも同じ服装を
していました。

「毎日の服を選ぶ」という面倒な判断を
「仕組み」で排除し、節約した「ウィルパワー」を
創造性を発揮するための集中に充てていたのです。

また、即断即決を身につけると、
無駄な「ウィルパワー」を節約できます。

脳の仕組みを理解して、
集中力を味方につければ、
ライフもワークも益々充実していくでしょう。


Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加