ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.29|渡邉 光太郎著「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」|シンプルかつ強力なツール5W1Hで真の目的を達成|Whyの先のBig-Whyまで遡れ

Vol.29|渡邉 光太郎著「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」|シンプルかつ強力なツール5W1Hで真の目的を達成|Whyの先のBig-Whyまで遡れ

設計 滝沢の
U35 Book review Vol.29

シンプルかつ強力なツール5W1Hで真の目的を達成
~Whyの先のBig-Whyまで遡れ~

著:渡邉 光太郎 「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」より

Check point
5W1Hシンプルかつ強力なツール
●問題解決に役立つよりシンプルな「3W1H
5W1Hを咀嚼して使いこなす

5W1Hとはご存じのように、
When(いつ)Where(どこで)Who(誰が)
Why(なぜ)What(何を)How(どのように)
の6要素から成る情報整理のポイント群です。

相手に何かを伝えるとき、
5W1Hを意識した構成で話せば、
漏れ重複なく整理ができ理解しやすいです。

また、新たな切り口で発想視野
広げることにも繋がります。

ビジネスで成果を出す人は、
この5W1Hをくずしたり、ばらしたり、
自在に組み合わせたりして使っています。

そして、表面的な目的ではなく、
より高次な真の目的(Big-Why)まで
遡ることがより重要です。

例えば、痩せたいから(Why
運動をする(Whatという人がいます。
しかし、その真の目的(Big-Whyは、
綺麗になって、周囲から注目されたい」や
生活習慣病を防ぎ、健康を維持したい
であったりします。

上司から、「○○の資料を作ってほしい」
と依頼されたとき、なぜそれが欲しいのか
それによって何を達成したいのか
その目的のありかた状態までイメージしましょう。

問題解決には、いきなり細部の原因や
打ち手に飛びついたり、やみくもに
手を広げるのではなく、まずは
どんな枠組みやプロセスで、その問題に取り組むか」、
ここから考えることです。

そこでおすすめしたいのが、
よりシンプルな「3W1H」のステップです。

具体的には、
①「What(何を解決するのか)」
②「Where(どこが悪いのか)」
③「Why(なぜ起こるのか)」
④「How(どうするのか)」の順で、
真の問題の特定から解決へ繋げていきます。

そして、各ステップで5W1Hの視点を
取り入れていきます。

私たちは何か問題に対峙する際に、
先を急ぐあまり見えにくく扱いにくい
HowWhy原因側から手を付け、
袋小路に迷い込んでしまうことが多いものです。

しかし、問題解決や分析の鉄則は、
目に見えている結果、つまりWhatWhereから
遡って考えていくことを忘れてはいけません。

5W1Hはシンプルで馴染みがあるツールですが、
非常に強力でもあります。
適切な問題設定と問題解決のためにも、
身につけて使いこなしていきましょう。


Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加