ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.33|柳生 雄寛著「なかなか自分で決められない人のための決める技術」|決断力を身につける人生の目的を達成しよう|「決める」と「思う」の違いを理解する

Vol.33|柳生 雄寛著「なかなか自分で決められない人のための決める技術」|決断力を身につける人生の目的を達成しよう|「決める」と「思う」の違いを理解する

設計滝沢のU35 Book review vol.33

決断力を身につけ人生の目的を達成しよう
~「決める」と「思う」の違いを理解する~

著:柳生 雄寛 『なかなか自分で決められない人のための「決める」技術』より

Check point
●人は3秒に1回、何かを決めている?
●「決めたと思っている」だけの人=決断できない人
●何かを決めることは、何かを捨てること。

あなたは「決める」ということの本当の意味を知っていますか?
「決めた」と思っているだけで、本当は「決めていない」かもしれません。

人は3秒に1回、何かを決めていると言われますが、その中には「決めたと思っているだけ」のものもたくさん含まれています。

例えば、明日の午前中に提出しなければいけない企画書があり、朝4時に起きてやろうと決めて、目覚まし時計もセットして寝たにもかかわらず、目が覚めたらいつもと同じ7時で焦った…なんて経験はありませんか?

さて、このような場合、あなたは本当に4時に起きると決めたと言えるのでしょうか?
私に言わせればこれは「決めた」とは言えません。
なぜなら、それは単にそう思っただけだからです。

じつは、世の中にはこのような人がたくさんいます。
「決めたと思っている」だけの人が本当に多いのです。
決断できない人は、まさにこのタイプです。

何かを決めることは、何かを捨てること」でもあります。
では、4時に起きると決めることができた人は、何を捨てることができた人でしょうか?
それは、4時から7時までの3時間の睡眠時間を捨てることができた人ですね。
何かを決めるときには、一体何を捨てる必要があるのかを、しっかりと意識することが大切です。

「決める」と「思う」の違いが分かっていないと、この先もずっと「こうなりたいと思っているだけの人生」になってしまいます。
これではあなたの人生は何も変わりません。

本当の「決める」とは何か?
それは、行動が伴うことです。
「決める」と「行動」はセットです。
行動までできてはじめて、本当に「決めた」と言えるのです。

行動していない人は、決めたと思っているだけの状態です。
「決める」と「思う」は違うのです。
この違いを意識できるかどうかで、その後の人生は大きく変わると言っても過言ではないでしょう。

「決めたと思う」を卒業し、本当の「決める」ができる人になりましょう。


Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加