ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アフターとリフォームの倉田君
  4. 【茅野市土石流】高部土砂災害|SHGさんにいただいた飲料水をボランティアの方達へを寄付してきました!多くの人の支えでついに池が綺麗に

【茅野市土石流】高部土砂災害|SHGさんにいただいた飲料水をボランティアの方達へを寄付してきました!多くの人の支えでついに池が綺麗に

こんにちは!こんばんは!松本地域、諏訪地域の工務店エルハウスの倉田です!

本日は、愛知県を中心に、三重県、岐阜県、静岡県と東海地方でご活躍中で、私たちエルハウスとも縁が深いSHG(サティスホールディングスグループ)さんが今回の災害地で頑張っている方々のために送ってくださった飲料を、災害復旧の本部のようになっている、高部公民館に寄付をしてきました。

【茅野市土石流】高部土砂災害|SHGさんにいただいた飲料水をボランティアの方達へを寄付してきました!多くの人の支えでついに池が綺麗に

ちなみにですが、一緒に写真に写っているのは、エルハウスを創業当時から支えていただき、一緒に地元の方々のために安くていい家を丁寧に作り続けた藤森棟梁です。僕は一緒に仕事をした期間は少ないですが、一緒に建前などをしたのはいい思い出です。藤森棟梁はちょうど今年、高部地区の区長をやっていて、自分の家も大変ですが、地域の復興のために毎日公民館で駐在しています。ご寄付いただいた飲料水は、復興のため、作業をしている地域にお住まいの方や、ボランティアの方の休憩に配っていただくようにいたしました。

SHGさんは、住宅の仕事意外にも、人材育成などにも力を入れており、たくさんの社長を輩出しています。ご興味のある方はぜひHPをご覧になってください。

▼SHG(サティスホールディングスグループ)HPはこちらから
https://shg-jp.com/

飲料水を藤森棟梁にお渡ししたので、僕も復興のお手伝いに行ける準備が整いましたので、早速復興の続きを開始します。

そしてついに池も本来の形を取り戻し、そこもわかるまで復旧しました。今回のお手伝いで本当に多くの人に支えられて人は生きているということを再認識し、自分も多くの人の支えで生きているんだと感慨深い気持ちになりました。本当にボランティアの方は皆さん意識が高く、重労働の復興作業をニコニコしながら全力で取り組んでくれます。本当にお疲れ様でした!

今日でひとまずボランティアの方の募集は終了し、今後は地域の方と協議しながら再開するかしないかを決めていくそうです。役所の方々も、災害時から動き続けていると思いますので、一度今の現場の整理が必要なのだと思います。役所の方々もお疲れ様です。

多くの方に支えられ、高部地区は今も復興に向けて進み続けています。正直、全てが元通りというわけにはいかないとは思いますが、それでもそこに住む人たちは前を見て歩き続けなくてはなりません。同じ地に住む仲間として、地元に根付く人間として、少しでもお手伝いを、恩返しをしていきたいと思う、今日この頃でした。

もし今回の土砂災害でお困りの方がいましたら遠慮せずにご連絡いただければと思います。

エルハウス本社 0266-71-2410

倉田でした!

エルハウスの最新イベントへ

フォームギャラリーへ

エルハウスのSNSへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

エルハウスは、長野県茅野市、諏訪市、岡谷市、下諏訪町、原村、富士見町、松本市、安曇野市、大町市、塩尻市、辰野町、朝日村、山形村などで、新築の注文住宅とリフォームのご相談を受けている地域密着の工務店です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加