諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 茅野市の工務店|エルハウスの池原純一です|夢をかなえましょう

茅野市の工務店|エルハウスの池原純一です|夢をかなえましょう

松本・諏訪地域の工務店エルハウスの池原です。

突然ですが、最近、我が子を見ていて感じたことがあります。

中三の息子は、受験という人生の岐路に直面していますが、
彼の中には一つの思いがあり、
全く親の意見を聞かず 笑

息子の夢を実現させるには、
どのようにしたら実現させてあげれるのか、と考えてみました。

私達の会社の理念に『かなわない夢はない』があります。

多くの人は、
「夢は夢であり、かなったことはない、かなうわけはない」
と思っているでしょう。
大人になればなるほど、現実という事実を浴びせられ、
いつしか夢という言葉も忘れ、
現実の前のことしか見なくなります。

幼少期のころに、
「将来はどんな仕事をしたい?なにになりたい?」
と、聞かれた経験はみなさんあると思います。

私も、野球小僧でしたから、「将来はプロ野球選手!」と言っていました 笑

ですが「そのような思いは無理だな」と思う前に、
思い続けることすらできず。
いつしか忘れてしまっています。

かなわない夢を実現するには『思い続ける』という思いを持ち続けることです。
そして、その思いの質が大切だと感じることです。

「なんだ、簡単なことだな」
と思った人ほど、自分の夢が実現できて、
きっと思いつづけることをやめ、
周囲に流され今に至っているはずです。

自身のイメージを描かない限り、イメージに近付くことすら無理です。

一流であれば超一流を。
三流であれば一流を。

最近、我が子見ていて特に感じました。

中三の息子は、受験という岐路に直面していますが、
彼の中には、一つの思いがあり全く親の意見を聞かず 笑
周囲とは関係なく、自分の思いで進路を掴もうとしています。

その姿を見て、親として親の考える方向を変えました。

正しいこと、無難なこととかっていうのは、
親の価値観でしかなく、
「こうしたほうがいい」と、言うことをやめ、
彼の進みたい道を全力でサポートすることにしました。

思い続けることこそ夢が実現できる。
思い続けられる環境においてあげることが私の役割です。

休日に諏訪湖を背に一斉スタート
息子は16km(湖周1周)ランニング
私は、5kmの(往復)ランのちウオーク

WEBニュースレターに登録する

最新イベント情報はこちらへ

 

 

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加