エルハウスTOP > information > レオパレス問題は他人事か?「本当」に安心できる家で家族と快適に暮らすには?

レオパレス問題は他人事か?「本当」に安心できる家で家族と快適に暮らすには?

エコ住宅の家

レオパレス21 の事件が世間を賑わせています。

1 階の天井と2 階の床の間に「耐火」のための
建材が入っておらず、ひとつの部屋で火災があると
他の部屋にも延焼の危険が高い、違法建築です。

なんのためのこんなことをしたのか?

答えは簡単です。
天井の建材にかかる材料費を浮かせて利益にするため。

そこまでするか!?と、あきれてしまいますが、
建築業界では、ここまでの違法行為とまでいかなくても
こういった不正がそこかしこで見受けられるのが現実です。

アパートやマンションにかぎった話ではありません。
建売の住宅の場合、売りづらい土地を売るために
安く建てた家をセットにしている、という側面もあり、
家の性能が犠牲になっていることもあります。

性能が高い家とは?

ところで、家の性能ってなんでしょう?

おそらく、最初に思い浮かべるのは
「耐震性能」かと思います。
どれくらい地震に強いか?

日本は地震大国ですから、
これが犠牲になっているとしたら一大事です。

なので、最近の新しい家であれば、
ローコスト住宅でも地震で潰れる、
という心配はほぼありません。

前述の耐火性能なども建築基準法を
満たした建物なら問題はありません。

では、安い家で犠牲になっているのは、
どういった性能なのか?というと、
「高断熱・高気密」が答えです。

この性能が高いと、冷暖房や給湯などに
使うエネルギーが少なくなり、光熱費が安くなります。

高断熱・高気密な住宅を「エコ住宅」「エコハウス」
呼びますが、いま、住宅業界ではダントツの人気です。

なぜエコ住宅が人気なのか?

それにしても、なぜ今、エコ住宅の人気が
高まっているのでしょう?

大きな理由に、家づくりにかかるお金の考え方が
変化している
こともあります。

あなたもそうかもしれませんが、家づくりのお金と
言ったとき、多くの方は土地と建物の金額だけ
思い込んでいます。

しかし、最近では、土地、建物に合わせて、
住みはじめて30年の水道光熱費、メンテナンス費も
一緒にして総額で考えるようになってきています。

年間の水道光熱費、一般的な家庭で35万円ほど
かかりますので、30年間で合計1050万円
計算です。(松本地域の場合)

エコ住宅が注目を集める理由のひとつ目は
このお金の問題にあります。

結論から言うと、エコ住宅にすることで、
住み始めてからの水道光熱費を半分にまで
減らすことができる
のです。

つまり、500万円以上の節約になるわけです。

これからの未来では年に3%ずつエネルギーに
かかるコストは増えていくとも言われていますので、
実質は半分以下にできる可能性もあります。

エコ住宅と普通の住宅、最大の違い

では、エコ住宅は普通の住宅と
なにがどれくらい違うのでしょう?

鍵を握っているのは、上でも挙げた2つの項目です。
1)断熱 2)気密
ひとつずつご説明していきましょう。

1)断熱
断熱とは、室内の温度がなるべく変化しないよう、
外壁、屋根、床(基礎)、窓の4つで熱を伝わり
にくくする
工夫のことです。

断熱とは熱を伝わりにくくする工夫です

窓は二層、三層にガラスを組み合わせ、サッシも
樹脂や木製に変えることで、熱の逃げにくいものに
変えることができます。

外壁、屋根、床には断熱材を内部に入れて、
熱の伝わりを抑えます。

エコ住宅は普通の住宅よりも断熱材の厚みを足し、
窓を高性能にすることで、家の保温性を高めます。
家を毛布でくるんであげるイメージです。

そうすると、冬の場合は一度部屋を暖めれば
ずっとポカポカがつづくので、暖房にかかるエネルギーが
少なくなり、省エネで光熱費が抑えられ、家計に優しくなります。

また、家の中の部屋ごとの気温差が小さくなるので、
お風呂やトイレ、玄関のヒヤッとする寒さもなくなり、
血圧や肺など、身体にかかる負担が減り、
健康的な家にすることができます。

気温差が原因にもなる喘息、アトピーや
冬場の風呂やトイレなどで起き、高齢者の死因となる
ヒートショックも防げる
と考えられています。

2)気密
気密性を高めることは、家のスキマを埋める
ことと同じです。

2

いくら断熱材がたくさん入っていたとしても
スキマ風が吹くようだと中の空気がすぐに
入れ替わってしまうので、冷暖房の効率が
ずっと悪くなってしまいます。

気密性が高いと空気が汚れて健康に悪い?
と思われがちですが、設計のときに換気も
合わせて考えれば問題はありません。

エコ住宅を「体験」するには?

エコ住宅と普通の住宅の違い、なんとなく
おわかりいただけたでしょうか?

一言で言ってしまえば、
普通の住宅よりも「圧倒的にあったかい」
ということです。

でも、
「本当に信州の冬でも暖かいの?」
と疑問に思われるでしょう。

そこで、本当にエコな家はどんな家なのか?
実際に作ってみました。

エコ住宅とは、

1. 光熱費を現在の半分にする
2. 数値を示せる
3. エアコン1台で年中快適

この3つが当てはまらなければなりません。

理論上の数値だけではなく、実際の数値を
計測して明らかにするためでもありますが、
家づくりを考えている方に本物を体験してもらいたい。
そういう思いがあります。

6

エルハウスを創業してから20年、
子育て世代のための安くていい家を
これまで860棟以上も建てさせて
いただきました。

創業以来、ローコスト住宅を提供することに
注力してきましたが、これからを生きる子供たちの
未来のためにも、地球環境に配慮したエコ住宅を
提供していくことも重要な使命だと考えます。

家計に優しく、家族の健康にもつながる、
本当に夏すずしくて、冬はあたたかい、

そんなエコ住宅、まずはご自身で体験して
いただきたいと思います。

以前にエルハウスの見学会へお越しいただいた方、
資料請求をくださった方から優先してエコ住宅体験会
ご招待させていただきます。

エアコン一台で燃費半分の家ご覧ください

エアコン一台で燃費半分の家、ご覧ください

日程は、
3月9日(土)、10日(日)どちらも10時から16時まで
ご都合のいい時間にお越しください。
(午前中がゆっくり見られてオススメです)

体験をご希望の場合は以下のフォーム、
お電話、メールのいずれかでご連絡ください。

ホームページから予約する
https://www.lhouse.co.jp/tourbook_form

電話で予約する
0120-71-2415

メールで予約する
hello@lhouse.co.jp
(houseのまえはアルファベット小文字のLです)

①ご希望の日時 ②お名前 ③連絡先 ④郵便番号 ⑤住所をご記載いただき、
「エコ住宅体験会の希望」を明記なさってください。

エルハウスの3人のスタッフ
担当:池原 土橋 倉田

追伸:
この日程は都合が悪い、という場合には、
ご希望の日に体感いただけるよう調整いたします。
お気軽にお電話ください!

見学会の会場で、お待ちしております!

エコ住宅体験会長野県下諏訪の日程

新着情報一覧に戻る▶︎

家づくりの第一歩は資料請求

はじめての方へ【スターターキット】

  • 家づくりの歩き方
    (教科書編・ノート編)
  • 松本で家づくりをするなら
  • 家づくりのワークシート
家づくりの第一歩は資料請求 拡大表示 資料請求はコチラ
閉じる

色々なモデルハウスや見学会に参加された方へ

  • 成功した間取り、失敗した間取り
  • 手取り20万円台からの資金計画
  • 30代の家と暮らしのこと
家づくりの第一歩は資料請求 拡大表示 資料請求はコチラ
閉じる
  • お客様の家 WEB現場見学会
  • 自然素材の家 くらすの家
  • 家づくり ガイドBOOK 無料プレゼント
  • エルハウススタッフブログ
  • 家族の住空間を
	つくりましょう
  • 現場監督が教える家づくりの楽しさ
  • 女性建築士、家づくりアドバイザーの日常
  • 家づくり勉強会のご案内
  • 個別相談のご案内
  • リサイクル事業部neco
  • エルハウス公式instagram
  • エルハウス公式Facebook
  • 24時間サポート
  • チームエルハウスへのご感想募集中
0120-71-2415 hello@lhouse.co.jp