ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.12|吉井雅之著「習慣が10割」|習慣を味方につけて、理想の自分になろう|習慣の仕組みを理解・納得し、行動を変えよう

Vol.12|吉井雅之著「習慣が10割」|習慣を味方につけて、理想の自分になろう|習慣の仕組みを理解・納得し、行動を変えよう

習慣を味方につけて、理想の自分になろう
~習慣の仕組みを理解・納得し、行動を変えよう~

著:吉井 雅之 「習慣が10割」より

Check point
●思い込みの力を利用して行動習慣を変える。
●無意識マイナス思考を意図的プラスに変える。
●プラスの思考習慣を身につけ、人生をコントロールする。

「習慣」と呼ばれているものは、
正確には以下の4つの習慣によって
構成されています。

受信習慣(どうインプットするか)

言語習慣(どう言語化するか)

思考習慣(どう考えるか)

行動習慣(どう行動するか)

一般的に「習慣」と呼んでいるものは
「行動習慣」に該当します。

そのため、「行動」を変えるには、
その前の「受信」、「言語」、「思考」
を変える必要があります。

このとき、自分はこうなりたい、
絶対になれる、という思い込みの
力を使うことも有効です。

しかしながら、人間の脳は
マイナスの感情ほど
記憶しやすい性質があります。
ですので、過去の記憶には
プラスよりもマイナスのデータが
多く蓄積されています。

脳は、「受信」⇒「言語」⇒「思考」の
プロセスをわずか0.5秒で行います。
マイナス思考が完成されるのは一瞬なのです。
無意識でいると、マイナス思考を
止めることができません。

*****************************************************************

では、思考や行動をプラスに
変えるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、脳が「入力」よりも
「出力」を信じる、という
別の性質を利用してやることです。

つまり、言葉や動作、表情を
意図的にプラスに変えることです。

例えば、難しい仕事を頼まれたとき。
瞬間的に「自分には無理」と思うのは
仕方ないと割り切って、嘘でも良いので
「はい、やってみます。」と言葉に出す。

そうすると、脳は「やってみる」
という言葉を信じて、達成するために
必要なデータを調べたり、アイデアを
ひらめいたりしてくれるのです。

しかも脳は、「入力」と「出力」の
サイクルで強化される仕組みになっています。

つまり、これを繰り返していくうちに、
「自分はできる」、「もっとやってみたい」と
自然と思える脳へと進化していくのです。

初めはちょっとしたことでもよいので、
良い習慣を身につけることで、
人生をコントロールしていきましょう。

Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加