ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅コンサルタントの福田さん
  4. 【無料】自分で間取りを書いて3Dで見る方法

【無料】自分で間取りを書いて3Dで見る方法

こんにちは、松本・諏訪地域の工務店エルハウスの福田です。

最近、子どもが生まれて、マイホームを建てたいなと思う今日この頃。
平屋を建てたいなと思いつつ、妻とあれこれ話すのですが。
問題は妻は図面を書いても、イメージ出来ないということ。

まあ、一般の人は間取りを書いてもイメージが分からないのは当たり前ですよね。

僕らプロは専用の間取り作成ソフトや図面作成ソフトで3Dで表示が出来るのですが、
そういうソフトはとっても高額ですし、操作も難しいです。

そんな時、便利なのがインターネット上で図面を書いて、簡単に3Dで見れちゃう無料のサービスです。

ソフトも知識もなくても無料でインターネット上で間取りが書けちゃうんです

はい、今回使ってみたのはマイホームクラウドというWebページ。
https://myhome-cloud.net/
部屋を感覚的にペタペタ貼っていくだけで、図面が簡単に作れちゃうんです。

メールアドレスを登録すれば無料で使えて便利です。

部屋の間取りだけじゃなくて、家具なんかも置けるので、だいたいの広さなんかも分かりやすいですね。
扉や窓なんかを自動でオススメのところに設置してくれる機能もあるので、
「図面とかよく分からない」っていう人でも簡単に作れちゃうんです。

キッチンも普通の壁付けキッチン、L字キッチン、対面キッチン、アイランドキッチンが選べます。

平屋の場合、階段の位置なんかを考えなくても良いので、比較的簡単ですね。
「トイレをあっちに動かしてみよう」
「キッチンをこうしてこうしたらアイランドキッチンを入れられるかな」
「寝室と部屋、どっちからも入れるウォークインクローゼットがあると便利だね」
あれこれ話し合いながらやると楽しいですね。

図面を書いたらボタン一つで3D!

さらにスゴイポイントは、ボタン一つで3Dのイメージが出てくるんですね。
壁の色や屋根の形なんかもある程度選べるので、外観のイメージが分かります。

さらにスゴイポイントとして、家の中に入れるんです。
上の写真ではアイランドキッチンを入れてみました。
向きが逆なので、リビングの方にキッチンが向いてしまっていますね(笑)
もちろん、簡単に直せますので、図面画面に戻って正しい向きに直してあげましょう。

Googleのストリートビューみたいに、
家の中の立つ場所を選ぶと、その位置からの家の内観が見えるんですね。

これなら、図面が読めない妻でもばっちり分かりますね。
間取りを書いて、3Dを見てと繰り返していると、
段々と、間取りをどう動かすと自分のイメージに近くなるか分かって来ます。
さらに、操作が一般の人でも簡単に分かるようになっているので、
気になる部分を自分で直せる、いじれるっていうのがとっても良いポイントですね。

これ、結構楽しいですよ。
夫婦で盛り上がれます。
実際にはアイランドキッチンを入れようと思うと、広い家にしないといけないなどありますが。
まずは、憧れのイメージを作ってみると楽しいです。
アイランドキッチンのある家でホームパーティーなんかするとお洒落じゃないですか。

リビングを南に持ってくるとか、洗面室はちょっと広めの方が使いやすいとか、
実際に間取りを作る時には押さえないといけないポイントってあるのですが。

まずは難しいことは考えず、自分たちの好きな間取り、イメージを作ってみると楽しいですよ。

無料の個別相談はこちら

自分たちだけで図面を引いてみたら、工務店に来てプロの意見を聞いて直して行くと完璧ですね。
実際には土地の形や、道路の面する向きなど様々な要素があります。
そして、予算ですね。
暮らしやすさを犠牲にせず、コンパクトな家に設計できると予算を下げられます。
そういったお客様の要望と予算のバランスを取って、最良の間取りを作っていくのが、プロのテクニックですね。

全部お任せでも家は建てられますが、せっかくの注文住宅ですからね。
自分たちのこれからの暮らしのイメージを膨らませて、家を建てる方が素敵ですよ。

エルハウスでは個別相談は随時、無料で行っています。
ぜひ、お気軽にご相談下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加