ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アフターとリフォームの倉田君
  4. 【茅野市でリフォーム】外壁を剥がして、すぐに外壁を貼る。

【茅野市でリフォーム】外壁を剥がして、すぐに外壁を貼る。

こんにちは!こんばんは!エルハウス倉田です!

本日、茅野市のリフォームの現場で、外壁の剥がし作業が終わり、ついに外壁を貼り始めました。

全て外壁が剥がれているので、今はタイベック(透湿防水シート)と玄関ドアや窓ガラスしか残っていません。

外壁を剥がし終わったので、すぐに新しい外壁を貼り始めています。今回はガルバリウム鋼板のサイディングを使用しています。ガルバリウム鋼板の外壁は、コーキングを打つ場所が少ないことがメリットの一つです。コーキングは10年前後で痛み始めてきます。メンテナンスの回数を減らしたいのであれば、ガルバリウム鋼板を使用することはとってもいいと思います。大きなデメリットの一つとして、凹みやすく傷つきやすいことです。ガルバリウム鋼板は傷や凹みは正直直しにくいです。凹みや傷がつきやすいのに直しにくい。これが最大のデメリットです。

こちらの写真はコーナーの部分です。窯業系のサイディングは、コーナーもサイディングなのですが、ガルバリウム鋼板では、コーナーはカバーになります。写真ではなかなかわかりにくいですが、角にある隙間にカバーを挿していくんです。外壁の切り口は、見切りというカバーやコーナーのカバーを多用することでコーキングをあまり使わなくて済むのです。ですが、全く使わないわけではないので注意が必要です。全く使わないではなく、使う範囲が小さいのです。

ガルバリウム鋼板のメリットの一つに軽いということもあります。軽いので、もし万が一地震が起きたときでも、外壁が軽量なのでお家の横の揺れが窯業系の時よりも軽減されるのです。もちろん施工でも同じです。窯業系は重いので(メーカーにもよりますが、ニチハの外壁などは本当に重いです)施工も上に上がれば上がるほど大変ですが、ガルバリウム鋼板は軽量なので、2回部分などを貼るときも、体がすごく楽です!ただ、金属を切っていくことになるので、切り屑が飛んだりします。目には本当に気をつけなくては最悪失明だってあり得ます。

このブログをご覧の皆さんも、今のお住まいの外壁にお悩み事あれば、ぜひご相談ください!エルリフォームでは、外壁の張り替えだけではなく、塗装なども行っていますので、外壁のお悩み事が必ず解決することでしょう。

▼お家の外壁のお困りごとは是非メールでご相談ください!
reform@lhouse.co.jp

倉田でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加