ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅コンサルタントの福田さん
  4. 32歳、どうして家を建てるのか?
諏訪湖

32歳、どうして家を建てるのか?

こんにちは、エルハウスの福田です。
先日、妻と子どもを会社に連れ込んで、自分の仕様決めをしました。
仕様決めというと、内装や設備などですね。

帰宅後、妻は、
「何だか本当に自分たちの家が、あんなに素敵に建つんだと思うと興奮して眠れない!」
と嬉しそうでした。
間取りの段階では、やっぱり分からない部分も多いですが、
実際に、壁紙や外観、無垢のフローリングの木の種類などを決めていくと、
ぐっと現実味が出て嬉しかったようです。

妻があんなに喜んでくれるとは思わなかったです。
コーディネーターの藤森さん、仕様決め図面を起こしてくれた滝沢さん、本当にありがとうございました。


さて、私、福田は今年32歳。
なぜ32歳の僕が家を建てようと思ったのか、今日は書いてみようと思います。

僕は、若いころは槍ヶ岳で働いていましたが、縁あって家を作るお仕事をするに至りました。
今でもそうですが、家の中にいるより、外でテントを張っている方が好きという性格なのですが、
そんな僕が32歳にして家を建てることにしたのは、シンプルですね。

もちろん自分のためでもありますが、子どものためであり、妻のためであり、その他にも親などの親族、ひいてはこれから出会うお客様のためでもあります。

茅野市だとアパートは寒いです。
最近、子どもは伝い歩きをして、あれこれ引っ張って危険です。
狭くて寒い家は嫌です。

特に茅野市の場合、土地の金額が安いので、案外アパートの家賃と変わらないくらいの月の支払い金額で家が建てられます。

それでも、アパートに住み続ければ、気楽です。
やっぱり土地を決めて、家を建てるという決断は、かなり勇気が必要なものです。
住宅コンサルタント、つまり家のプロの僕でも、やっぱりマイホームを建てるのはすごい勇気が必要なことです。

それでも、僕が頑張って決断をすれば、子どもは寒い思いをしなくていい、妻もニコニコして広いキッチンで料理ができる。
老後のすまいの心配もないです。
これから先、
「そろそろ家を建てないと、年齢的にまずいんじゃないかな・・・」
という心配を僕自身しなくて良いですし、妻にもさせなくて良いです。
僕の親にせよ、妻の親にせよ、やっぱり家を建てて所有すれば安心してくれるでしょう。
さらに、僕の場合、住宅コンサルタントとして、今の最新の家を建てることで、僕を頼って頂けるお客様により活きた鮮度の高い情報をお伝えできます。

そう、僕が勇気を出すだけで、良いことだらけなんです。
家を持っとくだけで、人生は安心、そこまで言うと誇張のように聞こえるかもしれませんが。
それでも、家を建てるって、人生の中で頑張らないといけない一大行事です。
家を建てるか、賃貸に住み続けるか、どちらかの決断をいずれはしないといけません。

「決断するなら早い方が良い、無駄な家賃は払わない方が良い」
そんなことはみんな分かっているのですが、現実にはなかなか決断できません。
僕も32歳まで決断できませんでした。

子どもの存在って本当に大きいなと思います。
子どもがいないと、そんな勇気出なかったです。

さらに言えば、土地をうまく買って、地域工務店でなら無理なく建てられるということを知っているのも大きいです。
家を建てるのは、正しい知恵と判断ができれば、別に無理のあることではないんです。
でも、勇気が必要なことではあります。

昔の山小屋で働いていたころの若い僕には、『32歳で家を建てる自分』なんて夢にも思いませんでした。
昔、アフリカを走っていた頃も毎日頑張っていましたし、楽しかったですけど。
32歳、妻と子どもと笑顔で暮らせるマイホームを建てる今の日々も、毎日、頑張っていますし、楽しいですね。

そんな形で今回は僕が32歳でおうちを建てた理由でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加