ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アフターとリフォームの倉田君
  4. 車検を自分でやるといくら?松本市で安く車検を通すために準備をしてみた②

車検を自分でやるといくら?松本市で安く車検を通すために準備をしてみた②

こんにちは!こんばんは!
松本・諏訪地域の工務店エルハウスの倉田です!

車の車検を自分でとって費用を安く済ませよう!と決心し、車検の準備のため、前日に自賠責保険に加入した僕は、今回仮ナンバーを取得していきたいと思います!

仮ナンバーって?なんで必要なの?

公道を運行することができない車検の切れた自動車などに、一時的な運行許可を与えて市町村などが臨時に貸し出す仮のナンバープレートのことをいいます。正式には「自動車臨時運行許可番号標」というようです!このブログでは仮ナンバーで統一させていただきます!

仮ナンバーが必要な時はこんな時

①車検切れの車が継続検査を受けるため
②未登録自動車の新規検査・新規登録を受けるため
③ナンバープレートの盗難により、再登録を受けるため

僕は1番で必要になります!

松本市役所で仮ナンバーを貸し出ししてもらおう!

松本市役所本庁舎

松本市役所本庁舎

というわけで、松本市役所にやってきました!(みなさんは自分のお住まいの市区町村の役場で貸し出しを受けることができます)松本市役所の本庁舎、2階「市民税課」で仮ナンバーの貸し出しをしています!貸し出ししてもらうために用意するものは

①認印
②期限の切れた車検証
③自動車損害賠償責任保険証明書
④運転免許証or保険証(本人確認のため)

これだけ持っていけば大丈夫です。あとは、受付にて自動車臨時運行許可申請書をもらい、必要事項を記入していくだけです。上記の用意するものをしっかりと持っていけば、記入欄で分からないことも全て描けるようになりますので、安心して仮ナンバーの貸し出しを受けることができます。

仮ナンバーの注意点

1番の注意点は、仮ナンバーの貸し出し有効期限が最大5日ということ。車検のために仮ナンバーの貸し出しを受ける人は、車検取得予定日より5日以上前に貸し出しを受けてしまうと、車検取得予定日には仮ナンバーを返さなくてはならなくなってしまうんです!そうならないためにも、車検取得予定日の前5日以内に仮ナンバーの貸し出しを受けるようにしましょう!

仮ナンバーの貸し出しを受けることができました!

仮ナンバー

取得した仮ナンバー。5日以内に返さなくてはならない

というわけで、仮ナンバーを貸し出してもらうことができました!貸し出しには大した時間は必要なく、手続きなどに、30分も掛からなかったと思います。

これにて車検をとるための準備は完了です!次はついに車検をとってみた本番の日になります!何分自分も初めての経験なので、今からどのようになるのか楽しみでなりません!

本日かかった費用

仮ナンバー貸し出し費用 750円

今日までかかった費用
仮ナンバー貸し出し費用 750円
自賠責保険加入代金 22,210円
計22,960円

それでは倉田でした!

移住について詳しくみてみる

TOPページへ

フォームギャラリーへ

エルハウスのSNSへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加