ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コーディー藤森さん
  4. 台風19号、被災から1年。
千曲川

台風19号、被災から1年。

こんにちは。

エルハウスコーディネーター藤森です。

2019年10月12日長野市では千曲川の堤防が決壊し、5千世帯以上が浸水。
過去最大の台風が日本列島に上陸した台風19号。

あれから1年。
復旧復興はまだ半ばです。

諏訪市から長野市に行く際通る
松代インター付近は、千曲川河川敷にたくさんのリンゴ農園があり
高速からも色鮮やかな赤いリンゴが
信州へようこそとお出迎えしてくれていました。
そんな、松代は1年前台風19号で千曲川決壊のより多くのお家、農園等が被害にあいました。

エルハウスでは、当時復旧作業のボランティアの参加、お家のリフォームを行いました。

氾濫しませんように

当時、松代にボランティアに行った際は
いつも見慣れた松代ではなく、一面茶色の町が広がっていて
水害の恐ろしさを再度実感いたしました。

千曲川決壊で被害のあった長野市松代地区に行ってきました。

1年たった今でも、
被害の爪痕が各地で見受けられます。
山に囲まれていてそこまで被害はないだろうと考えていた昔では
考えられない出来事でした。

千曲川

自然災害、いつ来るかわからない災害です。
毎年のようにどこかで大雨や大型台風、地震などによる災害が出ています。
警報や注意報などを見ても、それがどれくらい危険なのかが分からず、
避難しそびれて被害にあう方もいるといいます。
いざという時に備えて、災害知識についても確認しておきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加