ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.27|堀正岳著「ライフハック大全~人生と仕事を変える小さな習慣250」|作業を「下り坂」でパーキングする|あえて途中でやめることで、明日のスタートへ繋げる

Vol.27|堀正岳著「ライフハック大全~人生と仕事を変える小さな習慣250」|作業を「下り坂」でパーキングする|あえて途中でやめることで、明日のスタートへ繋げる

作業を「下り坂」でパーキングする
~あえて途中でやめることで、明日のスタートへ繋げる~

著:堀 正岳 「ライフハック大全〜人生と仕事を変える小さな習慣250」より

Check point
●今日の中途半端は明日への工夫⁈
●エネルギーが必要な始動は前日の続きから!
●「下り坂」で、だらだら無駄残業を回避!

みなさんは、毎日の作業をいつも
きりの良いところまでやって、
終わらせていないでしょうか?

これは気分の上では
気持ち良いかもしれません。

しかし、1日で完結しない作業をしている場合は
少し注意が必要です。

なぜなら、次に気の重いタスクが控えていると、
次の日に続きをしようとした際に
手が止まってしまうかもしれないからです。

こうしたことを避けるために、
1日の作業をあえて中途半端なところで
切り上げることが効果的です。

次の日にその続きからスムーズに
始められるようにするための工夫です。

これは車を下り坂に駐車したとき、
ブレーキを外せば自然に動き出すのに似ています。
一番エネルギーが必要な動き始めを
前日の「続き」から始めるなら、
スムーズにスタートすることができるのです。

作業を下り坂でパーキングするときのコツは、
たとえば書き始めた文章を途中で止めておくのが
わかりやすい例です。

どうしても続きを埋めずにはいられない
気持ちになるところであえて止めるのです。

18時に仕事を終わらせるつもりなら、
17時50分にタイマーをかけておく。

最後の10分でその時点での作業と
次のアクションをメモに書き写しておく
という方法もあります。

将棋の「封じ手」と同じように、
このメモが、次の日の最初のアクションを
教えてくれるのです。

「下り坂」でパーキングする習慣は、
ムダな残業を減らす効果もあります。
終わりを決めておくことで、
終了の時間を決めずに作業が
だらだらと続くことを回避します。

終わりの時間が近くなると
ちょうどいい「駐車」場所を
探すようになる習慣がついてきます。

明日のスタートをスムーズにするために、
上手に作業を途中でやめる訓練をしていきましょう。


Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加