ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 設計の滝沢さん
  4. タイヤ交換はプロにお任せ?それとも自分で?

タイヤ交換はプロにお任せ?それとも自分で?

こんにちは。
松本・諏訪地域の工務店エルハウスの滝沢です。

12月に入り少しずつ寒さが厳しくなってまいりました。
今月頭には塩尻でも初雪が降り、いよいよ冬に突入といった感じですね。
本格的に雪が降り始める前に重い腰を上げて、自動車のタイヤ交換をしました。

↓一足先にアフター・メンテナンスの倉田さんは4台分のタイヤ交換を済ませていました(笑)
【必見】タイヤ交換持ち込みで費用を安く押さえたい人へ|タイヤ交換が10倍楽になる三つのアイテム

この時期になるとカーショップやガソリンスタンドは予約ですぐには交換できなくなったりもします。
費用も2000~4000円/台ほどかかり、それが毎年2回必要になります。
1人1台所有が当たり前になっている長野県民にとっては意外と家計への負担は大きいです。
タイヤ交換を自分でやることで浮いたお金はふるさと納税などに使うのも良いですね。

ご自分でやったことが無い方は、何となく自分でやるのは面倒だし、ちょっと不安だなぁと感じているのだと思います。
でも実際は、それほど難しい工程もないです。
私の兄なんかは中学生のころから両親の車のタイヤ交換をして、お小遣いゲットしていました(笑)

簡単な流れとしては・・・

①ジャッキで車体を少し持ち上げる
②ナットを少し緩める
③車体をタイヤが少し浮くまで持ち上げる
④ナットを外し、タイヤを付け替える
⑤ナットを仮締めする
⑥車体をおろして、ナットを本締めする

とこんな感じです。

普段は自動車に搭載されている工具を利用してタイヤ交換をしていますが、今回はフロー父さんに素敵な工具を貸してもらえました。


↑シガーソケット給電の電動ジャッキ

初心者が自分でできるタイヤ交換の方法と便利工具を紹介

これを使うと上げる・下げるのボタンを押すだけで良く、ジャッキの上げ下げがめちゃくちゃ楽でした。
毎年ご自分でタイヤ交換をするのであれば、こういった工具を揃えて楽しく、楽にやるのも良いですね。
すぐに元は取れますし。

そして、タイヤ交換後はタイヤの空気圧チェック、100㎞程走行したところでナットの増し締めをすることをお忘れなく!
もちろん、タイヤに十分な溝があることも確認してくださいね。

それでは、また♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加