ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.30|石原 明著「成功曲線を描こう。~夢をかなえる仕事のヒント~」|時間に追われる日々からの脱却 |タイムフラストレーションをコントロールする

Vol.30|石原 明著「成功曲線を描こう。~夢をかなえる仕事のヒント~」|時間に追われる日々からの脱却 |タイムフラストレーションをコントロールする

設計滝沢のU35 Book review Vol.30

時間に追われる日々からの脱却
~タイムフラストレーションをコントロールする~

著:石原 明 「「成功曲線」を描こう。~夢をかなえる仕事のヒント~」より

Check point
結果3か月ででる!
マイペースをまわりに強制しない
感情をコントロール=時間をコントロール

時間をうまく使いたいんだけど、
どうしたら良いのでしょうか。」
という質問をよく受けます。

そんな時、私はいつも決まってこう答えています。
「時間を上手に使いたかったら、
今取り組んでいる事柄を3倍にしてみることです。」

例えば仕事量を現在の3倍にしてみましょう。
そうするとどんなことが起きると思いますか。
あなたはかなりパニックに陥ります。
当然です。

ところが不思議なことに、無理をして
これを3カ月も続けるうちに
パニック状態から脱して、
生活リズムになります。

そして、落ち着きを取り戻した時に
ハッと気づくのです。
以前よりもはるかに多くの事柄
こなせるような自分になっていることに。

ですから時間を活用したいと考えるならば
行うことの量を増やして忙しくすること
最も有効なのです。

その中で無駄な仕事が分かったり、
より効率的な方法を見つけ出したりします。

成功している人はやはり常に
この忙しいと言う状態に自分を置いています。

したがって、少しオーバーワーク気味かなと
感じるようならば、成功に向けて確実に
歩んでいると思ってください。

また、私たちが最も時間を無駄にしてしまうのは、
感情的ないらだちに陥っているときです。
例えば、自分と同じペースで仕事をしてくれない
自分のように考えてくれない
質問に即座に答えてくれないといった
タイムフラストレーションを起こすのです。

些細なことで感情的になり、その後何時間も、
ずっと不愉快な気分を引きずってしまいます。

特にやる気になっている、積極的な時というのは、
自分は周囲よりもかなりテンションが高い状態にいるのだ、
ということを忘れてはいけません。

周りの人はそれぞれのペースで生活しているのですから、
ペースが合わないのは当然のことです。
それを認めること、少し考え方価値観を変えるだけで
フラストレーションは嘘のように消えていきます。

感情をコントロールすることは
時間をコントロールすることに繋がり
格段の進歩を遂げるのです。


Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加