ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. U35|Book review
  4. Vol.31|水口 和彦著「たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法」|段取り力で時間を生み出し、主体的に生き抜く|少しの労力で効果は絶大

Vol.31|水口 和彦著「たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法」|段取り力で時間を生み出し、主体的に生き抜く|少しの労力で効果は絶大

段取り力で時間を生み出し、主体的に生き抜く
~少しの労力で効果は絶大~

著:水口 和彦 「たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法』」より

Check point
事前の段取りが、時間の確保に役立つ
●「逆算方式」と「リストアップ方式」を理解する
●「3つのポイント」が「段取り力」のもとになる

仕事は段取り八分」と言われるくらい、
「段取り」は仕事を効率よく進めるために
とても重要なものです。
でも、なかなか分かりにくいものでもあります。

期間の長い仕事」、「手順が複雑な仕事」、
あまり慣れていない仕事」に1つでも当てはまる場合は、
面倒くさがらずに事前に段取りしておくべきです。
その方が結果として、時間を効率的に使えます。

段取りを考える習慣が身に付くと
仕事に対する感じ方も変わります。
段取りができるようになると
催促される後追いの仕事よりも、
自分から進めていく先取りの仕事が増えます。

実は、このほうが気分も良いですし、
疲れやストレスも少なくてすむんです。

また、段取りを考えて仕事をすることは、
問題が起こる前に問題点に気付けるも大きいです。
更に、新しい仕事より早く
身につけられるという効果もあります。

段取りの仕方としては、次の2つの方式があります。

1つは、「逆算方式」です。
完成品の1つ前の段階、更にその1つ前の段階と、
ゴールから逆算しながらやるべき作業を明確にしていきます。
この流れは図に描くと分かりやすいです。
そして、頭から順番通りに辿ってみて、
無理な手順になっていないか、確実に目的が
達成出来そうか確認しておくと安心です。

もう1つは、「リストアップ方式」です。
こちらは完成品に含まれるさまざまな要素
整理しながら段取りしていく方式です。
思いついたことは全て書き出す
そして、追加することがあれば書き足していきます。

どちらの方式であっても、
上手な段取りをするに当たって
3つのポイントがあります。

1.タスクやアポイントの計画と実行に漏れがないこと
2.タスクやアポイントの順番が適切であること
3.期限に間に合うように全体の計画を立てること

段取りを苦手としている人は、
この3つを意識するだけでも
変わってくると思います。

段取り力を身につけて、
仕事に追われるストレスを軽減し、
やりたいことのための時間を確保しましょう。


Book reviewのバックナンバーは
こちらからお楽しみ下さい。

最新イベント情報はこちらへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加