ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅コンサルタントの福田さん
  4. 原村でストライダーしたり、絵本美術館したり。

原村でストライダーしたり、絵本美術館したり。

こんにちは、エルハウス福田です。
今回は子供とストライダーしたり、絵本美術館した話です。

先日、子どもと原村の自然文化園でストライダーをエンジョイしてまいりました。

ストライダーとヘルメットのレンタルとコースの使用料含みで1時間1000円でした。
ストライダー持ち込みなら300円らしいです。

ストライダー、もう乗れるかな?というのを確かめたかったので、今回はレンタルしました。

↑意外といきなりそれっぽくエンジョイする息子。

ストライダーっていうと、ペダルのない子ども用自転車ですね。
キックバイクとか言ったりします。
ちなみに、私は昔は自転車屋さんで働いていたので、自転車周りは詳しいんです。

子どもは三輪車に乗せてしまうと、自転車を覚えにくくなってしまうんです。
というのも、重たいんですよ。
自分の体重より重い乗り物を扱うのって難しいんです。

まず、重たくない乗り物を使ってあげるということが大事なのと。
バランスを取らないと倒れてしまうということを教えてあげるのが大事です。

そういう点で、キックバイクってすごく良いんです。

ちなみに普段はこれを愛用しています。
リサイクルショップで買ってきたDバイクミニ
↓詳しくは少し前のこの記事をどうぞ
赤ちゃんを背負えるモンベルのリュックはリサイクルショップがお得です

ストライダーは2才くらいからが目安ですからね。
Dバイクミニは1才くらいからエンジョイ出来ます。
これは本当に優秀でした。
1才ちょっとくらいから結構エンジョイします。

最近は結構、なれてきたので、そろそろストライダーかなと思って連れていったわけです。

最初の5分は順調に遊んでいましたが、すぐ飽きてしまいました。
やっぱり息子にはまだ少し早かったようです。

それでも、ストライダーもきちんと足がつくのは分かったので、そろそろ息子にもスーパー二輪車を買ってやろうと思います。

福田が狙っているのは、これ。
↓へんしんバイク
https://www.henshinbike.com/

キックバイクだけだと長く使えませんし、いきなりペダル付きはもちろん無理です。
へんしんバイクなら、最初はキックバイク、なれてきたところでペダルを付けてという遊び方ができます。

ちなみにトライアスリートの社長が作っている自転車で、まあ、よく考えてあります。

ちなみに福田(本人)が欲しい自転車はこれ
TREK MADONE

この自転車は実に良いです。
最高です。

でも、次買うならTREKじゃなくて、もう少しニッチなメーカーを狙っても良いなとか、いろいろ考えますが。
まあ、欲しいと思うだけで、実際には高いので買わないんですけど。

余談ついでに、最近はツールのハイライトがYouTubeで見れるようになったんですよ。
嬉しいですね。

新居に住んだら、大きな画面で、ワイン片手にツールドフランスを見たいなとか目論んだりしつつです。

それにしても、今年もTREKは勝ちそうにないですね。
(この動画のステージは良い順位で入っていますけど。総合優勝がなかなか狙えませんね)

自転車トークは置いといて。
ストライダーは5分で飽きてしまったので、自然文化園の中をぐるぐる散歩したりして。

絵本美術館に行きました。

「子どもが生まれてからめっきり美術館に行かなくなった。。。」
そんな方も多いんじゃないでしょうか。

その点、絵本美術館は良いですよー。
また、ここ、すごく雰囲気も良いんです。

スイスの絵本作家という企画でやっていました。
ハンス・フィッシャー、ブレーメンの音楽隊とか。
ハンス・フィッシャーの絵、色もきれいですし、かわいいですよね。

絵本って良いですよね。

絵本美術館の嬉しいポイントは子どもに本を読み聞かせ出来るスペースもあること。

ストライダーも5分で飽きていましたが、絵本もなかなか忍耐強く聞いてはくれません笑
まあ、良いんです。当人の好きなことをするのが一番です。

喫茶スペースなんかもあります。

全体的にとても雰囲気の良い建物ですし、静かですごく好きです。

入館料は大人750円ですが、年会費3000円で何回でも入り放題も出来ます。
入会しようかなーと思いましたが、第2第3水曜は休館日なので、悩みどころ。(福田の休日は水曜日)

まあ、それに大人は楽しくても、子どもは静かな図書館はあんまり楽しくないかもしれませんから、
父親の休みの度に連れていかれても退屈してしまうかもしれませんしね。
まあ、でも、お父さんもたまには学生時代の頃のように、美術館でぼんやりしたいので、
時々は息子にも付き合ってもらうとしましょ。

そんな感じの福田でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加